オナ電でエッチな命令してみる

オナ電においては、男性が女性を優しく導いてエッチをさせるのがだいたいのパターンです。
ですが、それだけではないのです。
逆に女性が男性を導くようなところだってありますので、オナ電への辿り着き方は様々です。
初心者にとっては敷居が高いでしょうけど、命令することでやりとりを進めていくこともできます。

自分はサドの役に徹し、言葉を使って相手を責めていきます。
相性がうまいぐあいならば、オナ相手だってノリもよく言ったとおりにしてくれるでしょう。
服をとって、自分で揉んで、なんて命じてみて、オナ相手の反応を観察しましょう。
恥ずかしがっても嫌悪感を出さずに言うようにしてくれるなら、続けてみるべきでしょう。
しかし、人によっては命令されるのが嫌な場合だってあります。

嫌悪感の程度によっては、オナ相手の気分が悪くなることもあるので気をつけましょう。
初めてオナ電をするのなら、反応を観察しながらじっくりいきましょう。
逆に、命令口調で責められるこだってあります。

相手の気分によりますし、そんなキャラ設定で仕事をしているかもしれないです。
SMクラブみたい接客をしてくれるところだってあるでしょう。
命令されるのが嫌な人だったらきっぱり断るべきでしょうが、その場の空気を破壊しかねません。
反対に命令を返してみたり、素直に服従してみるのもいいでしょう。
そこで新たな自分を見つけることになるかもしれないです。